クリーンルームの清掃

英訳ページはこちら

クリーンルームとはコンタミネーションコントロールが行われている限られた空間のことです。つまり、空気中における浮遊微粒子、浮遊微生物が限定された清浄度レベル以下に管理され、またその空間に供給される材料、薬品、水などについても要求される清浄度が保持され、必要に応じて温度、湿度、圧力などの環境条件についても管理が行われています。

弊社ではクリーンルームの建設引渡し時の特別清掃や、稼動後の日常清掃・定期清掃等、使用用途や清浄度に応じて、トータル的にサポート致します。

クリーンルーム技術の活用

さまざまな分野でクリーンルーム技術が活用されています

クリーンルームの種類(使用目的)

クリーンルーム清掃の目的

床に堆積した粒子は、作業員の歩行により再飛散します。

清掃は美観維持のために行われるのではなく、製品への汚染リスクを低減し、清浄度を維持するために行われます。

クリーンルーム清掃の種類

<日常清掃>
汚染リスクが高い箇所。特に更衣領域や移動領域など要員の活動が活発な箇所は、汚染が高レベルで蓄積する為、汚染がクリーンルーム内に移動しないように、より多くの頻度で実施する事が望ましい。

主な作業部位:床面・扉・パスボックス・エアシャワー

<定期清掃>
日常清掃では対応が難しい箇所・汚染リスクが低い箇所。清掃スケジュールには少ない頻度での清掃も反映させる事が望ましい。

主な作業部位:壁面・天井面・ダクト・配管・照明器具

<特別清掃>
建物建設時・改修時など汚染状態からの清掃。汚染状態からの清掃は清浄度が許容レベルに達するまで、段階的な清掃を実施する事が望ましい。

粗清掃(粒径50μmを超える粗大粒子汚染の除去)→普通清掃(粒径10μm~50μmの粒子汚染の除去)→精密清掃(粒径10μm未満の残留している粒子汚染の除去)

クリーンルーム清掃部位・頻度

サービスに関するお問合わせはこちら

ページの先頭へ戻る